中国 貴州省〈第8日〉

【万峰林】

 

きょうも曇り。

f:id:tokyocat:20190215210936j:plain

きょうもうどん…なのだが、きのうとちがい餅を切って麺にしてくれた!

f:id:tokyocat:20190215210937j:plain

 

きょうはバスで景区の外れまで行ってみる。

f:id:tokyocat:20190215210935j:plain

f:id:tokyocat:20190215210938j:plain

 

バスの終点。

f:id:tokyocat:20190215210939j:plain

きのう見えた洞窟の寺院(萬佛寺)への入口。f:id:tokyocat:20190215210943j:plain

 

その前に食堂に入る。入るというか、真冬なのに開放的すぎる。

f:id:tokyocat:20190215210940j:plain

また麺を食べる。

f:id:tokyocat:20190215210941j:plain

 

歩いて寺院に向かう。

f:id:tokyocat:20190215210942j:plain

まず右の洞窟へ。

f:id:tokyocat:20190215210958j:plain

f:id:tokyocat:20190215210949j:plain

f:id:tokyocat:20190215210946j:plain

f:id:tokyocat:20190215210944j:plain

f:id:tokyocat:20190215210947j:plain

上下の階で仏教と道教が分かれているようだ。

f:id:tokyocat:20190215210945j:plain

f:id:tokyocat:20190215210948j:plain

 

隣の塔に移動。

f:id:tokyocat:20190215210950j:plain

f:id:tokyocat:20190215210951j:plain

f:id:tokyocat:20190215210952j:plain

仏像であれ絵画であれ同一のアイコンが無数にあるというのは不思議な気持ちを呼ぶ。

f:id:tokyocat:20190215210953j:plain

 

f:id:tokyocat:20190215210954j:plain

寺院の向かいの山には登れる。

f:id:tokyocat:20190215210955j:plain

階段を登り切ると、ここも小さな洞窟寺院。

f:id:tokyocat:20190215210957j:plain

そこからの眺め。

f:id:tokyocat:20190215210956j:plain

降りて戻る。

f:id:tokyocat:20190215210959j:plain

 

界隈の集落を またあてもなく見て歩く。

f:id:tokyocat:20190215211001j:plain

 

f:id:tokyocat:20190215211002j:plain

 

なんか人が集まっている。

f:id:tokyocat:20190215211003j:plain

f:id:tokyocat:20190215211008j:plain

結婚式だった。

f:id:tokyocat:20190215211005j:plain

f:id:tokyocat:20190215211004j:plain

f:id:tokyocat:20190215211007j:plain

野外で料理もふるまわれるようだ。

f:id:tokyocat:20190215211009j:plain

f:id:tokyocat:20190215211010j:plain

 

田んぼの道をまた歩く。

f:id:tokyocat:20190215211011j:plain

 

f:id:tokyocat:20190215211012j:plain

 

f:id:tokyocat:20190215211013j:plain

旧式の住居にひかれて近づくと、招いてもらえた。

f:id:tokyocat:20190215211014j:plain

肉をさばくお父さん。正月の習わしだという。(漢族の家族とのこと)

f:id:tokyocat:20190215211016j:plain

帰省中の娘さん。貴陽の大学に行っている。

f:id:tokyocat:20190215211017j:plain

村上春樹ノルウェイの森」を読んだという。「恋空」を知っていて驚いたが、ジャ・ジャンクーは知らなかった。中国でおすすめの作家を聞いたら、路遥という名を挙げた。「平凡的世界」という作品がTVドラマにもなったそうだ。

f:id:tokyocat:20190215211015j:plain

ごちそうになった揚げもの。

 

さて、バスで来た道を引き返す。

f:id:tokyocat:20190215211020j:plain

 

f:id:tokyocat:20190215211018j:plain

f:id:tokyocat:20190215211019j:plain

 

f:id:tokyocat:20190215211021j:plain

 

途中からバスに乗る。

f:id:tokyocat:20190215211022j:plain

 

宿に帰って、また隣の店で夕食。

f:id:tokyocat:20190215211023j:plain

万峰林 最後の夜。

f:id:tokyocat:20190215211024j:plain

オンデマンドの映画になんと『HANA-BI』があったので、見てしまった。

f:id:tokyocat:20190215211025j:plain