中国 貴州省〈第2日〉

【貴陽→西江千戸苗寨】

 

ホテルで朝食。

f:id:tokyocat:20181021004729j:plain

自分で盛り付ける麺。たぶん貴州省ではスタンダードなもの。

f:id:tokyocat:20181021004730j:plain

 

タクシーでホテルを出る。雨。

f:id:tokyocat:20181021004731j:plain

 

高速鉄道(新幹線)の駅へ。

f:id:tokyocat:20181021004732j:plain

これに乗る。

f:id:tokyocat:20181021004733j:plain

 

車窓から。貴陽の市街地。

f:id:tokyocat:20181021004734j:plain

全体に石灰質の土地であることがわかる。

f:id:tokyocat:20181021004735j:plain

 

40分ほどで凱里南駅に到着。

f:id:tokyocat:20181021004736j:plain

 

タクシーで西江千戸苗寨というところに向かう。

f:id:tokyocat:20181021004737j:plain

 

西江千戸苗寨の入り口(後日撮影)

f:id:tokyocat:20181021004739j:plain

f:id:tokyocat:20181021004738j:plain

苗族の民家が密集しているエリアで貴州省きっての観光地。ここに2泊する。

 

中に入ってまず食事。

f:id:tokyocat:20181021004741j:plain

とても寒い日で、こういうものがありがたかった。

f:id:tokyocat:20181021004740j:plain

 

メインの通りは建物も通路もきれいに整備されている。

f:id:tokyocat:20181021004743j:plain

宿の人が迎えに来てくれた。

f:id:tokyocat:20181021004742j:plain

この階段をかなり登った。

f:id:tokyocat:20181021004801j:plain

宿の入り口。

f:id:tokyocat:20181021004757j:plain

泊まった部屋。

f:id:tokyocat:20181021004744j:plain

窓からは集落のパノラマ。

f:id:tokyocat:20181021004745j:plain

f:id:tokyocat:20181021004746j:plain

ただ、この部屋、夏向きの造りのようで、冬はひたすら寒かった。エアコンの暖房では刃が立たず布団をかぶって過ごした。

 

ともあれ、宿の周囲を散歩してみる。

f:id:tokyocat:20181021004759j:plain

f:id:tokyocat:20181021004800j:plain

f:id:tokyocat:20181021004758j:plain

斜面を埋め尽くすように住宅が並び、人々は曲がりくねった石段の路を行き来している。 

f:id:tokyocat:20181021004750j:plain

f:id:tokyocat:20181021004756j:plain

このあたりは普通の民家ばかりのようだ。

f:id:tokyocat:20181021004753j:plain

f:id:tokyocat:20181021004749j:plain

f:id:tokyocat:20181021004747j:plain

屋根の中央に独特のデザイン。f:id:tokyocat:20181021004752j:plain

 

それにしても高低差がすごい。f:id:tokyocat:20181021004754j:plain

f:id:tokyocat:20181021004748j:plain

f:id:tokyocat:20181021004751j:plain

f:id:tokyocat:20181021004755j:plain

 

下に降りてメインストリートを歩く。f:id:tokyocat:20181021004802j:plain

f:id:tokyocat:20181021004803j:plain

もののみごとに観光地化されている。これについては旅行中にツイートした。(以下)

◎中国旅行中(1) - 東京永久観光

f:id:tokyocat:20181021004816j:plain

f:id:tokyocat:20181021004830j:plain

 

嗄歌古巷という一角があった。

f:id:tokyocat:20181021004804j:plain

地元の男性が暖をとっていたので、一緒に座らせてもらった。

f:id:tokyocat:20181021004805j:plain

f:id:tokyocat:20181021004806j:plain

こちらは観光客に酒を振る舞ってくれる人たちのようだ。

f:id:tokyocat:20181021004807j:plain

f:id:tokyocat:20181021004808j:plain

 

演舞場のようなところがあった。

f:id:tokyocat:20181021004817j:plain

f:id:tokyocat:20181021004809j:plain

踊りが始まった。

f:id:tokyocat:20181021004811j:plain

f:id:tokyocat:20181021004810j:plain

こんなデザイン。

f:id:tokyocat:20181021004813j:plain

銀細工。

f:id:tokyocat:20181021004812j:plain

笙のような笛。f:id:tokyocat:20181021004814j:plain

毎日のことなので、わりとスマホとかしながらやってるようだ。f:id:tokyocat:20181021004815j:plain

 

西江千戸苗寨の入り口では、若い女性の踊りや振る舞い酒による歓迎セレモニーがあるようだが、私はそっちは時間が合わず、どちらかというと若くない女性の踊りと振る舞い酒でもてなされた次第。

 

さらにあちこち歩く。

f:id:tokyocat:20181021004819j:plain

f:id:tokyocat:20181021004820j:plain

 

観光地化の工事がそこかしこで。

f:id:tokyocat:20181021004818j:plain

宿はすでに多いが、これらもそうなるのだろう。

f:id:tokyocat:20181021004823j:plain

f:id:tokyocat:20181021004824j:plain

f:id:tokyocat:20181021004821j:plain

冷房完備。

f:id:tokyocat:20181021004822j:plain

 

小腹がすいたところに、うまそうな湯気。

f:id:tokyocat:20181021004827j:plain

地元の麺料理。

f:id:tokyocat:20181021004826j:plain

子どもたちが連れ立って食べていく店。

f:id:tokyocat:20181021004825j:plain

 

超市(スーパーマーケット)も観光地仕様。

f:id:tokyocat:20181021004829j:plain

レジ。実は手袋を忘れてあとで取りに戻ったのだが、写真に写っていた(右下)

f:id:tokyocat:20181021004828j:plain

 

日が暮れてきた。

f:id:tokyocat:20181021004832j:plain

f:id:tokyocat:20181021004831j:plain

 

ここで夕食。

f:id:tokyocat:20181021004834j:plain

f:id:tokyocat:20181021004833j:plain

とにかく寒い。家族か客かさだかではないが彼らの足元に注目。

f:id:tokyocat:20181021004835j:plain

ストーブを厚手のキルトで囲んでいる。このあたりではこの方式が普及しているようだ。たしかに暖かそう。

f:id:tokyocat:20181021004836j:plain

 

宿まで登って帰る途中から。

f:id:tokyocat:20181021004837j:plain

f:id:tokyocat:20181021004838j:plain

旅はまだ始まったばかりだが、一気に遠くまで来たなと思う。