ミャンマー〈第1日〉

【羽田→北京→ヤンゴン


元旦の静謐のなか、家を出る。出発時は1人。


東南アジアはあちこち訪ねたがミャンマーは初めてだ。バガンを観たいと思った。


羽田なり。

雑煮(と称するもの)を食べる。


飛行機はやはり晴れがましい。

北京経由のチャイナエア。年明けの運賃はさほど高くなかった。


富士山が見えた!

こちらは北アルプスか。


北京で乗り換え。外が茶色く見えたのは大気汚染のせい?


ヤンゴンには深夜到着。タクシーで市内のホテルへ。


いい部屋だ。



*以下は北京に向かう機内で書いた日記。


空港はどこか晴れがましく、また、国際便に乗るとどこか内省的になる。

中国国際航空(エアチャイナ)。中国の言葉や人がユニバーサルになるのを感じる。

羽田は江戸のPRを強く押し出していた。過去にすがるしかないのかニッポン?

キンドルに『サピエンス全史』『私という演算』などを買って入れてきた。

北京空港では飛行機からいったん外に出てバスでターミナルまで。これは予想外で、防寒着が手元にないので寒かった。

それにしても北京空港は広い。そして中国はもはや辺境でも田舎でもないと感じさせる。中国世界が一つのユニバーサルになってきたのだと、いやでも思わされた。

しかしながら、入国ではなく乗り換えの客にまで、パスポートと荷物チェックのあまりの厳重さ。そして相変わらずの係員たちの横柄さ。「ああ中国だな」。この感想はやっぱり変わらない。なんかこう全体に扱いが乱暴にして雑なのだ。いやな気分。機内のサービスはナイスだった(乗務員は毅然としていたが) それから、どの部署も女性が強そうで偉そう(日本社会が女性が弱く偉くなさすぎるのだろう)

それにしても、夜のフライトで時差もあり、ヤンゴンまでは遠かった。くたびれた。

機内で、日本に語学留学(1年)を終えて帰国するところという若いカップルと同席になり、いろいろ興味深い話を聞けた。

北京到着、北京出発、そしてヤンゴン到着、すべて遅れた。

ヤンゴンの空港はこじんまりとしていた。慌てず、騒がず、のんびりムード。なんというか、人々みな態度がやわらない。中国とのコントラストがくっきり。難しげな到着シートを書かされたが、入国はじつにスムーズ。ストレスの感じない国だというのが、第一印象。

ただ両替の銀行が閉まっていて、しかたなくVISAのATMを使った。

タクシーでは10ドルと言われたが、5000チャット札を出したところ、8000チャットに下げてくれた。ロンジーにTシャツのドライバー。「ハロー、ジャパン?」とこちらに声をかけてくれた。「車はジャパンか?」と聞いたら「そうだ」と答えた。たしかにTOYOTA車だった。

夜中の12時過ぎ。空港からの道路は暗い。何もなく寝静まった感じ。ダウンタウンはまた違うのだろうか。

【Take it easy.】