インド南部 ハンピ〈第7日〉

【ハンピ→夜行バス】

 

朝食のとき、オーストリアから来た子ども連れの夫婦と同席。旦那さんはザルツブルクでレストランをやっている。奥さんはデザイナーで様々なグッズをネット販売している。娘さんはユーチューバー。

f:id:tokyocat:20190210160452j:plain

 

荷造りしホテルをチェックアウト。夜にハンピを発つのだが、夕食はホテルに戻って食べさせてもらうことになった。

f:id:tokyocat:20190210160451j:plain

 

きょうは歩いて出かける。シスターストーンという岩がすぐ近くにある。

f:id:tokyocat:20190210160453j:plain

宿の犬がなぜかずっと着いてきた。

f:id:tokyocat:20190210160454j:plain

f:id:tokyocat:20190210160456j:plain

f:id:tokyocat:20190210160457j:plain

f:id:tokyocat:20190210160455j:plain

 

そこからハンピ村までは乗合自動車がやってきたので利用。

f:id:tokyocat:20190210160459j:plain

客の女性からカットした青いマンゴを買って食べる。

f:id:tokyocat:20190210160458j:plain

 

おなじみハンピ村に到着。

f:id:tokyocat:20190210204547j:plain

 

きょうは川の向こうに行ってみる。

f:id:tokyocat:20190210160500j:plain

f:id:tokyocat:20190210160501j:plain

f:id:tokyocat:20190210160502j:plain

 

炎天のなか、こうした渡し舟に乗って向こう岸へ。

f:id:tokyocat:20190210204548j:plain

f:id:tokyocat:20190210160504j:plain

 

f:id:tokyocat:20190210160505j:plain

f:id:tokyocat:20190210160506j:plain

 

水田とヤシの樹そして岩山の風景。これまた面白い。

f:id:tokyocat:20190210160509j:plain

f:id:tokyocat:20190210160508j:plain

 

f:id:tokyocat:20190210160507j:plain

居並ぶカフェの1件に入って昼ごはん。

f:id:tokyocat:20190210160514j:plain

またもやミールス、またもやうまい、またもや食べ過ぎ。

f:id:tokyocat:20190210160513j:plain

これは中国系のインド料理。

f:id:tokyocat:20190210160512j:plain

 

f:id:tokyocat:20190210160511j:plain

川と南国の樹木に囲まれてゆったり極楽ムードの店だった。鳥や花も。

f:id:tokyocat:20190210160510j:plain

 

スクーターをレンタルし観光に出かける(2人乗り)。

f:id:tokyocat:20190210160515j:plain

免許もパスポートもノーチェック。

 

モンキーマウンテン(ハヌマン・テンプル)へ。

f:id:tokyocat:20190210204549j:plain

f:id:tokyocat:20190210204550j:plain

サルはこの種とニホンザルに似たもう1種が混在してあちこちにいた。

f:id:tokyocat:20190210204551j:plain

最も暑い日差しのなか、500余りという階段を登っていく。

f:id:tokyocat:20190210204554j:plain

岩山、水田、樹木。素晴らしい眺望。

f:id:tokyocat:20190210204552j:plain

高くなるにつれますます。

f:id:tokyocat:20190210204556j:plain

f:id:tokyocat:20190210204553j:plain

f:id:tokyocat:20190210204555j:plain

f:id:tokyocat:20190210204557j:plain

登り切った。

f:id:tokyocat:20190210204602j:plain

頂上には寺院があった。

f:id:tokyocat:20190210204604j:plain

f:id:tokyocat:20190210204558j:plain

中学生のグループが遠足か何かで来ていた。

 

f:id:tokyocat:20190210204603j:plain

f:id:tokyocat:20190210204600j:plain

f:id:tokyocat:20190210204601j:plain

 

f:id:tokyocat:20190210204559j:plain

 下りは「easy way」と表示されたほうを選んだら、まったく別のふもとに出てしまった。

f:id:tokyocat:20190210204605j:plain

ぐるりと山をかなり歩いて回らねばならなかった。暑かったけれど、現れてくる景色はやっぱりことごとく良かった。

f:id:tokyocat:20190210204606j:plain

やっと最初のゲートに戻り、ジュースで一服。

f:id:tokyocat:20190210204607j:plain

 

スクーターでさらに先の町まで行って帰ってきた。

f:id:tokyocat:20190210204608j:plain

f:id:tokyocat:20190210204609j:plain

f:id:tokyocat:20190210204610j:plain

f:id:tokyocat:20190210204613j:plain

f:id:tokyocat:20190210204611j:plain

f:id:tokyocat:20190210204614j:plain

 

スクーターを返し、また川を渡って、本日終了。

f:id:tokyocat:20190210204615j:plain

 

夜まで時間はたっぷりある。マンゴカフェで休んだ。サラダやチャイなど。

f:id:tokyocat:20190210204616j:plain

 

日が暮れてからリキシャを拾いホテルまで帰った。暗く遠くもあって多めに支払った。いつもいつも値切るゲームに挑み勝利して有頂天になるが、そんな私や君は馬鹿じゃないかと気づく。たかだか100円足らずで。真面目に働くドライバーの気持ち以上に重視することなどなにもないと思える。

 

ホテルで夕食。この夜は奥さんが手作りした菜食メニューカレーは暗くて写っていないが、横にあるのはカリフラワーの揚げ物。

f:id:tokyocat:20190210204617j:plain

 

おいしく食べながら、隣の席に座った英国の実年夫妻といろいろ話ができた。それが何より良かった。そのときのことは以下に少し書いた。

https://tokyocat.hatenadiary.jp/entry/2019/01/16/000000

 

22:30、夜行寝台バスに乗る。バンガロールへ。

f:id:tokyocat:20190210204544j:plain

f:id:tokyocat:20190210204545j:plain

 往路と違いきれいなバス。しかし風邪なのか、ノドと鼻がやられており、辛い一夜だった。